記事一覧

【気になるちょい古時計|No.04】 ゼニスのエル・プリメロを搭載したパネライのルミノールクロノ

ちょっと間があいてしまったが、2000年代の時計をクローズアップする当企画、IWCのフリーガーUTCに続く第4回はパネライのルミノールクロノを取り上げる。いまや自社ムーヴメントが当たり前となったパネライだが、汎用ムーヴメントが主流だった時代ならではの代物といえる。

ルミノールクロノは当初1999年に500本限定のスペシャルエディションとしてPAM00052が初めて発表された。そして翌年の2000年には、ルミノールシリーズの定番コレクションとして正式にラインナップ。ブレスタイプのPAM00072と革ベルトのPAM00074の2種類が用意された。

パネライ コピーPANERAI ルミノールクロノ デイライト PAM00250

タイプ 新品 メンズ
型番 PAM00250
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
文字盤色 ブラック
文字盤特徴 アラビア
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 44.0mm
機能 デイト表示
クロノグラフ
付属品 内・外箱
ギャランティー
革ベルト・尾錠 共に純正

筆者が刊行する2006年のパワーウオッチ誌に掲載されたデータを見るとその当時は中古でも100万円前後とプレミアム価格で販売されるほど人気が高かったようだ。ではなぜこれほどまでに人気だったのかというと、当時パネライの人気が絶頂期だったことに加えて、2000年頃までロレックスのデイトナにも採用されていた毎時3万6000振動もの高振動クロノグラフムーヴメント、ゼニスのエル・プリメロを搭載していたことも大きい。

LVMHグループのゼニスが、リシュモングループというある意味競合のグループに属するパネライにムーヴメントを供給していたこと自体、いま考えるとかなり驚きかもしれない。今後はまず作れない組み合わせとなるだろう。

このルミノールクロノは素材使いも特徴的だ。ケース素材にチタンを採用することで時計の重量を抑え、かつベゼルとリューズプロテクターにはステンレススチールを採用。そこに鏡面仕上げを施すことで、全体的にあまり無骨にならないよう考えて作られている。

もちろんブレスレットもチタンとステンレスのコンビ仕様だ。とかくズッシリとした重さになりがちなクロノグラフのブレスレットモデルだが、全体の重量が抑えられている点も評価できるのではないか。

なおミニッツスケールは当初、1999年の限定モデルRef.00052と同じ1分刻みだったが、その後ここに取り上げたRef.00074と同じ30秒刻みに変更されている。そして、2003年にモデルチェンジが実施され三つのインダイアルがシルバーに変更された後継モデルPAM00121とPAM00122に引き継がれたため、わずか3年間という短命に終わった。そんなルミノールクロノの現在の実勢価格は70万円代から100万円といったところだ。


【関連記事】:ninki888スーパーコピー買ってみた(ブログ)

コメント一覧

ankopi 安全なサイト URL 2022年04月28日(木)15時48分 編集・削除

一番信用ブランドコピー買ってみた必ず届くスーパーコピー口コミ優良サイト!

ベルロス(BellR URL 2023年07月28日(金)06時08分 編集・削除

1992年創業のフレンチブランド・ベルロス

ムーンスウォッチの新 2023年12月01日(金)12時06分 編集・削除

先日、ストロベリーをあしらったバイオセラミックケースのクロノグラフが発表された。だが、フローラルが先月発表されたばかりである。狂乱はさらにヒートアップしている。

【2023新作】ジラ 2023年12月12日(火)07時17分 編集・削除

ジラール・ぺルゴは、アストンマーティンとのコラボモデル、「ロレアート

ドゥ グリソゴノ 時 URL 2023年12月14日(木)21時30分 編集・削除

ドゥ グリソゴノの時計は、斬新なデザインと華やかな宝石の融合が特徴です

トレンドに合わせた時 URL 2024年01月23日(火)10時58分 編集・削除

今年のファッショントレンドに合わせた時計の選び方とコーディネートのコツ。スタイリッシュな時計の着こなし術。

トレンドを先取りする URL 2024年02月27日(火)11時04分 編集・削除

2024年の最新トレンドを反映した時計の選び方を提案。スタイリッシュで実用的な時計を紹介。

カーダシアンファミリ URL 2024年05月31日(金)20時01分 編集・削除

カーダシアンファミリーは、世界的な社会的影響力を持つ家族として知られています。彼らの生活は常に注目を浴び、そのファッションやアクセサリーの選択もファンやメディアの関心を引きます。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー