記事一覧

グランドセイコー SLGA007、SLGA008 5日間パワーリザーブの新型スプリングドライブムーブメント9RA2を搭載して登場

SLGA007'水面'(みなも)とSLGA008'年輪'が登場、しかもGSファン待望の変更が加えられている。


我々が知っていること

グランドセイコーの過去2年間は、控えめに言っても非常に忙しいものだった。2017年にグランドセイコーがセイコーから独立ブランド化して以来、同社は製品ラインの最上位の価格設定を急速に超ハイエンドに移行させ、ハイビートとスプリングドライブの両ムーブメントの新バージョンを発表。さらに新しいデュアルインパルス脱進機もデビューさせた(記事「グランドセイコー SLGH003 60周年記念限定モデル Cal.9SA5を搭載した2020年新作」参照)。

 しかし、最大の導入点のひとつは、計時技術ではなく、新しいデザイン言語だった。それが、44GSのケースを進化させた「Series 9」のデザインである。針は鋭く切り落とされた時針を採用し、文字盤には非常に精巧なインデックスを配置。Series 9のデザインは、昨年2月の「グランドセイコー SLGH005'白樺'」で初めて正式に発表されたが、それよりも早く、2020年3月に発表された限定モデル「グランドセイコー SLGH002」ですでにデビューしていた。その時計は、新しいデュアルインパルス脱進機を採用したハイビートの新キャリバー9SA5の発表の場でもあったのだ。

手巻きと自動巻きのスプリングドライブムーブメントもともにアップデートされている。新しい手巻きスプリングドライブキャリバー9R02と9A31は2019年初頭にデビューし、新型の自動巻きCal.9RA5は、少し意外なことに、2020年3月に「グランドセイコー SLGA001 プロフェッショナルダイバー」に最初に導入された。

 今回、グランドセイコーは、Series 9のケース、インデックス、針を採用した2つの新製品を発表した。

新キャリバー9RA2を搭載したひとつめの新作は、グランドセイコーのヘリテージコレクション セイコー140周年記念限定モデル'年輪'(以降、SLGA008)だ。この時計はローズゴールドのケースを備え、40mm×11.8mmと比較的薄型で、140本の限定生産、価格は税込550万円だ。新Cal.9RA2は、5日間のパワーリザーブを含めた性能は9RA5と共通だが、スプリングドライブムーブメントファンの大きな不満を解消するため、パワーリザーブを文字盤ではなくムーブメント側に表示している。ハイビートの「SLGH007」に続く、年輪ダイヤルの第2弾モデルだ。

9RA2搭載のふたつめの新作モデルは、グランドセイコー ヘリテージコレクション セイコー140周年記念限定の'水面モデル'(諏訪湖の湖面の光を表し、文字盤のデザインもそれに呼応している。これ以降、SLGA007)だ。SLGA007も40mm×11.8mmで、Series 9デザインの針とインデックス、そして波模様のブルーの文字盤を採用。2021本が製造され、価格は税込99万円だ。


【関連記事】:http://momomama.top/

コメント一覧

ブランド時計コピー専門店 URL 2021年08月27日(金)11時43分 編集・削除

2021新作最高級超スーパーコピー時計、ブランド時計コピー、送料無料、確実に届くブランド パロディは品質3年保証で