記事一覧

あなたの経験は私のとは異なる場合がありますが

つまり、私はどのように多くの記事、フォーラムの記事、Q&Aの私は読んでいると議論していないと私はロレックスデイトナについての議論をしており、それらの多くは、少なくともスチールデイトナのこの顕著な排他性に触れた。あなたが金の1つを持っていたならば、それはちょうどあなたがそれに費やすためにより多くのお金を持っているということを意味しました、しかし、見ている熱狂界がこの日に鋼の1つを揺るがすことにおいて、あなたはこれらのダウンのうちの1つを狩る際に多くの努力を捧げた可能性があるということを意味します。
私が心に手を差し伸べる一つのことは、読んだり聞いたりしないことが非常によくスチールデイトナの限られた可用性のための本当の理由である可能性があることを思い出すことではありません:その動き(そして、私たちは別のレビューで見ることが2016年の更新以来、我々はセラミックベゼル)、それは非常に高価で難しいプロドゥーチェ.何度も繰り返して、我々はブランドが苦労して複雑な動きまたは他の特徴を開発するのを見ます。そして、彼らは貴重な金属によって運ばれたバージョンで利用できるだけです。この戦術の背後にある理由は、貴金属のケースにはるかに高いマークアップは、両方の開発と、上記の新しい動きや機能の製造の非常に高いコストをカバーするのに役立ちます。
ちょうどロレックスの最近の過去から最もふさわしい例を見つけるために:新しい色の「ペプシ」GMTマスターIIYは、価格範囲で、そして、鋼GMTSのボリュームで製造します。私は色のセラミックを製造することについて学んだことに基づいて、私はこれまでの顔料の色に使用される顔料では、顔料は非常によくセラミックを生成するために必要な熱を取ることはありませんし、しばしば表面に不良領域を形成するために使用される顔料であると言います。「バットマン」または「BLNR」は二色の陶製ベゼルを持っている現代の鋼GMTです、しかし、色を生産することはより簡単です。OK、我々はスーパー側をここで追跡しました。
このことは、スチール・デイトナ供給が一貫して制限されていると言うことでした。それは、スチール・ロレックス・プライス・ポイントでロレックス・スタンダードを生産するのに非常に困難で高価であるかもしれませんYは2000年から2015年の間にほぼ倍増した。
チェイスにまっすぐにカット、ロレックスデイトナ116520は、いくつかの他の時計のようにそのルックスを変更します:それはすぐに(と無断で)できる最も退屈で鎮静的なタイムキーパーのいずれかに最も汎用性の高い、エレガントでスポーティな腕時計の一つから変換します。私は、私がする必要はありませんでしたが、私はそうする必要がありますので、私は設計の好みと時計の美学の効果は個人的な好みにダウンしていると言うでしょうので、あなたの経験は私のとは異なる場合がありますが、私はいくつかの時間があることを言うだろうllは私のと同様の結論に達する。
デイトナは1つの疑わしく象徴的な美学を提供し、それは両方のやりがいとinfirmativeを感じることができる作品をbehold。私の問題はここにあります:あなたの周りGazillionsを参照してくださいほとんどの象徴的なデザインは、ダイハードファンや愛好家によってのみ設計されている場合、魅力的な詳細と数多くの変数がある場合に感謝しています。例えば911を考えてください。それはどこにでもありますが、その仕様を変更することができます、様々な特別なエディション、限られた生産の実行、技術的な変化やその他の要因に言及することはできませんSEは、常に彼らは魅力的に見つけるの詳細があります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ